カーテン

一口にカーテンと言ってもさまざまなスタイルがあります。(正確には総称して「ウィンドウトリートメント」といいます。)ここではおおまかによくつかわれるスタイルのものを紹介します。

カーテン

curtain01

多くの人にとって一番馴染み深いのが、やはりこのスタイルではないでしょうか。生地が左右に開閉し扱いやすく、ほとんどの窓に取付けることができます。
生地が左右に開閉し扱いやすく、ほとんどの窓に取付けることができます。

ローマンシェード

curtain02

チェーンを引く操作で上下方向に開閉するスタイル。開けたとき、生地が窓の上側にたまるのでお部屋の邪魔になりません。生地を降ろしたときは大きな一枚の生地になるのでカーテンの柄をインテリアの主役にしたいときなどにもオススメです。

ロールスクリーン

curtain03

一枚の生地がメカ部分に巻かれているスクリーンのスタイル。比較的自由に高さを調節できるので採光の調節もしやすいです。シンプルで窓周りもすっきりとおさまります。カラーバリーション、生地柄、デザインも豊富で、さまざまなインテリアに合わせやすいのもポイントです。

プリーツスクリーン

curtain04

生地が蛇腹状に折りたたまれており上下に開閉するスタイル。ロールスクリーンと同じく採光の調節がしやすいです。ポリエステルを和紙の生地感に近付けたものもあり、和洋室、どちらのインテリアにも合わせて使うことができます。

ブラインド

curtain05

・アルミブラインド

「ブラインド」と聴いて多くの方がイメージするものが、このアルミタイプのブラインドだと思います。スラット(羽)幅やカラーバリエーションも豊富で、スラットの色を一枚ずつ変えることもできるなど、採光性はもちろん、インテリア性も高い製品です。

curtain06

・バンブーブラインド

竹材のスラットをウッド調にあしらった、デザインもさることながらウッドブラインドよりも安価で扱いやすいブラインドです。カラーも多数あるので、インテリアに合わせてお選びいただけます。


curtain07

・バーチカルブラインド

タテ型のブラインド。ヨコ方向に開閉するので、使い勝手としてはカーテンに近いですね。掃き出し窓や、天井から床まで大きく面積をとって取り付けることで空間のタテのラインが強調されるのでお部屋がスッキリ広く見える効果があります。

ここで紹介したものはほんの一部です!他にもさまざまな種類や組み合わせがあるので、ぜひ店頭でお確かめ下さい!